ウォーターサイクリングとは

ペダルパワード・ウォータークラフト(ペダルサイクル艇)を使って湖や川、そして静穏な海などの水面を自由にサイクリングするのが「ウォーターサイクリング」という最新のウォーターレジャー&スポーツです。
推進方法は自転車と同じようにペダルを漕いで進むことから、環境に優しく、健康的。しかも、子供から高齢者まで安心して楽しめるレクリエーションとして注目されています。
南の島の美しい珊瑚礁、豊かな自然に包まれた高原の湖、そして歴史や文化を育んできた運河や河川など、さまざまなフィールドで「ウォーターサイクリング」を楽しんでみませんか。

ウォーターサイクリングの魅力と特徴

  •  エコロジー/環境に優しいゼロエミッション・ビークル
  •  フィットネス/子供から高齢者までが楽しめる健康的なレジャースポーツ
  •  セーフティ/家族4人が安心して一緒に乗れる安定性の高さ
  •  スポーティ/これまでのぺダルボートの概念を撃ち破る高性能
  •  スタイリッシュ/手漕ぎボートと異なる洗練されたスタイル

協会認定ペダルパワードウォータークラフト

現在ウォーターサイクリング協会で認定しているモデルは以下の2タイプだけです。
  •  SeaCycle(シーサイクル) メイヤーズボート社
  •  WaterBike(ウォーターバイク) メイヤーズボート社
この2モデルはカタマランタイプ(双胴艇)のペダルパワードボートですが、こういったタイプ以外にも、カヌータイプやモノハルのボートのようなペダルパワードボートもあります。今後、走行特性や安全性など一定の基準を満たしたモデルに関しては、協会の認定モデルとして追加して行く予定です。

※ ペダルボートであっても、白鳥ボートなどの遊具対象のものは協会のアクティビティとしては現状では認定いていません。

シーサイクル

最大積載重量250kgを確保したシーサイクルは、家族4人が乗っても十分な浮力を持ち、2本のフローターによって驚くほどの安定性が保たれています。これまでに英仏海峡やメキシコ湾の横断などによってその安全性や耐久性の高さは実証済みです。

最高速度は、時速21.7kmphがレコード(メーカー値)。クルージングスピードは8~12kmph程度。抵抗の少ないカタマランタイプ(双胴艇)の船体と効率の良いドライブシステムによって、想像以上のスピード感で走行できます。

シーサイクルの分解・組み立て時間は、10~15分程。特別なツールなしで組立てできます。また分解された個々のパーツで最大重量は18.7kgで、簡単に持ち運ぶことが可能です。

現在シーサイクルには、大人が4人乗れる(最大積載重量内)ニューモデル「Limo」と、大人2人乗り(オプションでチャイルドシート2席追加)の「Twin」が用意されています。
  • ■ 主要諸元
  • 全長 4.52m
  • 全幅 1.78m
  • 重量 80kg(Twin)
  • 喫水 50cm(ドライブ降下時)
  • パーツ最大重量 18.7kg
  • 最大搭載重量 250kg
  • 搭乗員数 1~4人
  • 最高速度 20.5kmph
  • 標準プロペラ 13インチ
  • 材質 高品質ポリエチレン(ハル)、ステンレス
  • 組立時間 10~20分(1人)

ウォーターバイク

ウォーターバイクは、シーサイクルと同じコンセプトで開発された1人乗りのシングルモデル。よりコンパクトに、そしてスポーティにウォーターサイクリングが楽しめるモデルです。

シーサイクルと大きく異なるのは、ラダーではなく、ラダーツーン呼ばれる船体後方部の可動式ポンツーンによって旋回するというシステムを採用していること。これによって、ラダー操作することなく、身体を曲がりたい方向に傾けるだけで、左右にターンすることが可能です。

またこのウォーターバイクには、完全に両手がフリーになるメリットをいかして、フィッシングのためのロッドホルダーやロッドラックなどを標準で装備した「Outdoor Sportsman」モデルも用意されています。
  • ■ 主要諸元
  • 全長 3.25m
  • 全幅 1.32m
  • 重量 39kg
  • 喫水 46cm(ドライブ降下時)
  • パーツ最大重量 9.2kg
  • 最大搭載重量 125kg
  • 搭乗員数 1人
  • 最高速度 21.5kmph
  • 標準プロペラ 16インチ
  • 材質 高品質ポリエチレン(ハル)、ステンレス
  • 組立時間 5~10分(1人)